阪急小林駅から220歩。自律神経失調からのパニック・うつ病・体のだるさ・心の悩み・不眠・頭痛・起立性調節障害などに対応。お気軽にご相談ください。

視線恐怖症

視線恐怖、アトピー、肩こり、腰痛 40代 男性   2010/4/8

私はアトピーは十年前に発症し、肩や腰の痛みは昔からで、ひどくなると気分が悪くなるので、マッサージに月3回程度通っておりました。
しかし、一番の悩みは視線恐怖症で20数年苦しみ、自分との戦いの日々が続いておりました。昔から「身体のバランスが崩れたから、精神バランスが崩れたのか」それとも「精神バランスが崩れたから、身体のバランスが崩れたのか」いずれにせよ、身体と心は大きく関わりあっていると感じていました。
身体を治療する医院はあります。また精神を治療する病院もあります。しかし、私はその両方を総合的に治療してくれるところをずっと探しておりました。ある時、こちらのHPにたどり着く事が出来、予約をとり来院致しました。最初に先生がこの療法の理論を丁寧にご説明くださり、私がずっと疑問に思っていた「心が先か?身体が先か?」の答えがそこにありました。
そこから治療を続けていたのですが、最初は不安がありました。なぜなら治療は手を身体に触れる程度で、従来のカイロのイメージとは大きく違ったからです。理論は正しくても穂等にこの治療法で治るのか?と感じました。しかし、数回通った時点で、肩と腰の痛みが無くなり、アトピーも改善されてきました。
その時に「この治療法や先生を信頼してみよう」と強く感じたのですが、迷いが無くなったからか、それからは自分の治癒力が増して、より効果的に改善したように思います。
アトピーは強い薬のセレスタミンを8年も飲み続けておりましたが、すっぱり薬をやめる事が出来、今では赤黒かった皮膚も普通になっております。
治療を通して心と身体のバランスが整ってきた事もあり、視線恐怖の症状も改善されてきました。
恐怖心と戦い、あるいは自分自身との戦いの日々でしたが、治療を進めるにつれ、症状が和らぎ、自分を改めて冷静に分析することが出来るようになり、また自分自身の細かな変化を見逃さないように努めた結果、どんどん改善してゆきました。
今では本当に苦しかった時期の自分がどんな感じであったか、あるいはどんな感覚だったかを思い出しても、思い出せない位改善しております。
現在も治療は継続中ですが、私の体験談が少しでも皆様のお役にたてれば幸いです。

視線恐怖症、対人恐怖症、ストレスによる緊張、不眠 30代 女性

以前から人の視線が気になり、会話をしていても会話に集中できない等対人不安がありました。こちらで治療していただく数ヶ月前からストレスのせいか症状が酷くなり、常に緊張している状態が続いていたため、家の中では家事をするだけで精一杯、疲れやすく、よくソファーに横になっていました。そんな自分に自己嫌悪しながらも、どうしようもない疲れと疲れているのにぐっすり眠れない不眠に悩まされ、しんどい毎日を送っていました。眠れない夜PCで先生のHPに出会い、早速連絡を取り数回治療を受けるうちに、あまり人の視線が気にならなくなっている自分に気づいたのです。今までは疲れていても眠れない矛盾に悩んでいましたが、今ではぐっすり朝まで眠れるように。
こちらで治療して頂いて本当に良かったと先生に感謝しています。

患者様から頂いた体験談

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.